日産 ジュークのモデルチェンジ予定は?

日産の代表的な車の一つ「ジューク」は、コンパクトクロスオーバーSUVとして人気があります。
日産ジュークの歴史はまだ浅く、2010年2月にフランスで発表され、同年6月に日本国内で「1.5LFF車」の販売が開始されました。

しかし、すぐに英国や欧州市場にも進出した事により、世界的に知られるようになったんですね。「ジューク」と言う名の意味は、「軽快に躱す」と言うアメフトの動きにちなんで付けられており、まさに軽快な走りをするこの車にピッタリな名前です。

最近になって、ジュークに関するある噂が聞こえてきました。それは、「ジュークが来年にはフルモデルチェンジするのではないか?」と言う噂です。

現行のジュークから新型ジュークの性能を予想

現行のジュークから新型ジュークの性能を予想

現行のジュークがフルモデルチェンジするという噂ですが、「2016年の夏頃」だと予想されている方が多いようです。

そこで、新型ジュークの性能を、現行のジュークから予想してみましょう。

日産ジュークの性能は?

現行のジュークは2015年11月に発売されています。

1.5L 直列4気筒DOHCエンジンと、1.6L「MR16DDT」エンジンを搭載しており、1.6Lはターボにより190馬力を発生させています。現行ジュークのバリエーションとして、「15RX」とターボグレードの「16GT」、4WDの「16GT FOUR」、「16GT FOUR」をベースにしてある、「ニスモ RS」に設定してあります。

「15RX Vアーバンセレクション」、「16GT FOUR」をベースに「ニスモ」を設定してあるので、「自動ブレーキ」機能を全グレードの搭載してあります。車線からはみ出す事を防ぐための機能として、「LDW」も設定されているので、安全運転をする上ではかなり優秀なのが分かりますね。

日産ジュークの特徴は?

日産ジュークの特徴は?

最も特徴的なのが、パーソナライズパッケージを発展させた、「パーソナライゼーション」と言うもの。これはエクステリアとインテリアを自分好みに選び、その多種多様な組み合わせでオリジナルジュークを作れるという画期的なパッケージです。その組み合わせは全部で90通りはあるので、全く誰とも被らない車を持てるのが、かなりのメリットだと言えるでしょうね。

上記の点を踏まえたモデルチェンジジュークの予想

モデルチェンジ後 ジューク

フルモデルチェンジという事で、最も考えられるのは「ハイブリットカー」になると言う事です。

現行のジュークは軽快な走りを売りにしていますが、まだまだ燃費性能に置いてはライバル車の「ヴェゼルハイブリット」に遅れを取っていますしね。どれほどの燃費性能になるかと考えたら、やはり最低でも「ヴェゼルハイブリット」を上回ろうと考えるはずです。よって、25km/L以上かできたら30km/L超えして、ライバルに差をつけて欲しい所です。

燃費を意識した結果、走破性が落ちてしまっては意味がないので、現行のエンジンの良い部分はそのままに、新型エンジンを開発して欲しい所ですね。

フルモデルチャンジ後の形は?

候補と噂されているのは、2014年のサンパウロのモーターショーで公開された、「キッズコンセプト」に近い形になるのでは?と噂されています。現行のジュークよりも少し大きめですが、スタイリッシュな見た目になっていますね。

どうして「キックスコンセプト」が候補に上がっているかと言うと、サイズ感とデザインの雰囲気が似合いそうだからです。個人的にも、「キックスコンセプト」の形は好きですね。後はカラーバリーエーションが気になる所ですが、「パーソナライゼーション」があるでしょうし、こちらもオリジナリティな車が作れることでしょう。

さて、ここまでフルモデルチェンジジュークの事を話してきた訳ですが、まだまだ確定的な情報は何一つ無いので、これから先の情報が出るまで騒がず待ちましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ