日産エクストレイルの1番の魅力は何なのか?!

日産エクストレイルといえば、SUV車として抜群の人気を持っている車種です。2013年に新型エクストレイルが発売して今年で二年目を迎え、エクストレイルハイブリットも発売の運びとなっています。

さて、そこまで人気のあるエクストレイルの魅力とはなんなのか?と言うのを、エクストレイルハイブリットを例にして語って行こうと思います。

エクストレイルハイブリットのエンジンスペックは?

エクストレイルハイブリットのエンジンスペックは? 

5月13日に発売されたエクストレイルハイブリットですが、現在で半年と言う月日が経過しています。この半年の間にSUV車としてだけではなく、ハイブリット面での人気もあって、驚異的な売上を記録しました。ここまで売れたのも、やはりエンジン性能の良さと燃費が一番の要因だと思います。

ハイブリットには、「スカイライン」や「フーガ」や「シーマ」に搭載されている、

フーガ ハイブリッド

スカイライン ハイブリッド

シーマ ハイブリッド

独自の1モーター2クラッチ式のハイブリッドシステムである「インテリジェントデュアルクラッチコントロール」を同じく搭載しています。

上記の車種とは異なって、エクストレイルハイブリットの駆動方式は、2WDだがモーターとエンジンを完全に切り離すことが出来、低速から高速域までモーター走行を行うことが出来るのです。ですので、不必要な燃料を使うこともなく、低燃費へと繋がるんですね。

このエンジンのハイブリットシステムに加え、ガソリン車の方でも搭載されている、

「直列気筒DOHC 2.0リッター直噴MR20DDエンジン」を組み合わせた。しかし、DC/DCコンバーターを採用したことにより、エンジン停止中でもエアコンが効くように電動コンプレッサーにしたことでベルト類を廃止に出来たんですね。こういった様々な工夫によって、エンジン性能がぐっと高まったんです。

難しい単語が並んでいるかもしれませんが、高性能エンジンであるという事を分かっておけば大丈夫です。

エクストレイルハイブリットの燃費性能はどれくらい?

エクストレイルハイブリットの燃費性能はどれくらい? 

上記で説明した通りに、エンジン性能がかなりの水準で高くなっているので、SUV車としてはかなりの燃費性能を確保しています。

走破性の高さと使い勝手の良さから人気があったのですが、やはり燃費はネックとなる部分でした。それをハイブリットとなって克服したと言えるので、現在の人気は当然だと言えるでしょうね。このエクストレイルハイブリットの最大燃費は、実に20.6km/Lと言う数値で、今までのエクストレイルとの違いは一目瞭然ですね。

実燃費で言うと13km/L~と自分の運転次第で、かなりの数値変動があります。

ここまでの燃費を実現したのも、新型エンジンが直噴者の2Lであることと、それに新型のエクストロニックのCTVが組み合わさる事が要因であると言えるでしょうね。

エクストレイルハイブリットの価格はどれぐらい?

エクストレイルハイブリットの価格はどれぐらい? 

①4WD グレード:20X HYBRID 「エマージェンシーブレーキ パッケージ」230万円~(税込)

②20X 「エマージェンシーブレーキ パッケージ」 2列 4WD/エクストロニックCVT 約260万円(税込)

③20X ブラック エクストリーマーX 「エマージェンシーブレーキ パッケージ」 2列 4WD/エクストロニックCVT 約290万

250万円から300万と予算は考えておくといいでしょう。オプションでいろいろ付けたいと思っている方は、なるべく安いパッケージのを探すのがいいでしょうね。

まとめ

高性能なエンジンで低燃費を実現しているエクストレイルハイブリットは、SUVのハイブリットとして不動の地位を築いています。これからは他社のSUVも進化をしていって、競い合ってくる形になってくるとは思います。日々エンジンと言うのは進化しているので、更なる新型エクストレイルの発表にも期待しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ