スズキ ハスラー jスタイル2の人気の秘密!

スズキのハスラーと言えば、CMでも頻繁に名前を目にしていますし、 「2014ー2015カーオブザイヤー受賞」という触れ込みもよく耳にすると思います。

ハスラー 人気

ハスラーはクロスオーバーSUVの軽自動車として大人気で「軽トールワゴンとSUVの双方の要素を融合させた軽自動車」です。

全く新ジャンルの車で、アウトドアやスポーツといったレジャーを好む方々や、 わだちや雪道などの悪路を走行する方々にも向いている車です。

151530ライバル車の「ジムニー」との棲み分けを意識しており「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトに開発されています。

全く新しい軽SUV車として人気のハスラーは、 人気絶頂時には納車七ヶ月待ちということもありましたし、 現在でもカラー次第では二ヶ月や三ヶ月待ちなんてこともあるぐらいです。

ハスラーの燃費性能が人気

ハスラーと言えば、まず注目すべきは燃費性能です。 ハスラーに搭載されている「Sエネチャージ」というものは、 加速時にモーターでエンジンをアシストするという、スズキ独自のシステムです。

ハスラーのSエネチャージの搭載車では、 モーターアシストする時間と頻度をワゴンRに搭載されている従来のSエネチャージより増やし、従来のアシストシステムよりも更に燃費性能を向上させています。

詳しく説明すると、ISG(モーター機能付発電機)のアシスト時間を、 従来の6秒間から30秒間まで拡大しています。

モーターアシストする速度域を、 従来の「15km/h~85km/h」から「発進後~約85km/h」に範囲を広げています。 このSエネチャージの搭載によって、飛躍的に燃費性能を伸ばしたハスラーは 「最大燃費32km/L」という燃費性能を実現し、大きな話題性で人気を獲得しました。

ハスラーの外観が人気

暖かい陽気の中でふと外を歩いてみると、 道路を走っているハスラーをよく見かけると思います。

ハスラー 外観 人気

単純に販売台数が多いということもあるのですが、 やはり目立つ外観をしているというのも理由の一つだと思います。 いろいろな車が道路を走っている中、一際目立つハスラーは 色合いが強いカラーが多いのも特徴です。

一番見かけるカラーはブルーが多いのですが、 オレンジやピンク等の目を引くカラーが多いのもハスラーならではです。

ハスラー 外観 人気

例えばトヨタのディラーに並んでいる車を見てみると、 黒や白等の控えめな色合いのものが多いですよね?

一方のスズキには、ハスラーを筆頭にカラフルな色合いの車が並んでいるので、 「ちょっと見てみようかな?」と興味を惹かれてしまいます。

これだけカラフルな車が多いスズキは、 海外でも好まれているというのも納得と言えますね。 日本では女性の方が好んで乗っている印象です。

ハスラーは価格も安くて人気

スズキのハスラーはこれだけの性能にも関わらず、 他のライバル車と比べても価格が安いのが人気となっています。

  • ハスラー Aグレード 「1078000~1199800円」
  • ハスラー Xターボ・X 「1494700円~1593000円」

最も安いグレードと高いグレードの価格がこちらです。 そこでライバル車であるダイハツウェイクと比較してみます。

ウェイク 135万~189万5000円

これを見て分かる通り、最低でも最高でも ハスラーの方が価格帯が安いのが分かります。 価格が安いからといって性能が劣るという訳ではないので、 ハスラーの購入を検討する方が多いというわけです。

欠点が見当たらないのが評判のいい理由

「性能、価格、外観」の三つの要素で人気を博しているハスラーは、 まさに欠点のない軽SUV車と言えるでしょう。

ハスラー 欠点 なし

他社を見渡しても、これ以上の低燃費を備えたSUV車はないので、 SUV車を買うならば「ハスラー」と言っても過言ではないでしょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ