スバルフォレスターの気になる実燃費は?

スバルフォレスターマイナーチェンジ、その実力は?

スバル フォレスター マイナーチェンジ

2015年10月スバル(富士重工業)は本格SUV車種「フォレスター」のマイナーチェンジの発表及び東京モーターショー2015での車両展示を行いました。

フォレスター 新型

エクステリア及びインテリアデザインが変更され、よりアクティブな印象が強くなりました。特にスバル車初となる「LEDハイ&ロービームランプ/ステアリング連動ヘッドランプ」の搭載と運転支援システム「アイサイト」が操舵支援機構「アクティブレーンキープ」を備えたVer.3にアップされ、さらに車両の側方、後方などをチェックし危険を知らせる「アドバンストセイフティパッケージ」がオプション設定されたことが大きな特徴となっています。

新型フォレスター最大の魅力!

フォレスターには自然吸気(NA)2.0ℓDOHCエンジンと2.0ℓDOHC直噴ターボエンジン“DIT”が用意されており、196KW(148PS)/6200rpm、196N.M(20.0kgf.m)/4200rpmを出力する2.0ℓDOHCデュアルAVCSエンジンは低速域からの力強いトルクはフルタイム4WD(AWD)でありながら魅力十分です。

しかもレギュラーガソリン仕様というのもフォレスターの大きな魅力となっています。

新型フォレスター 燃費

さらに、運転する時の状況に応じて走行性能を変えることが出来る「Si-Drive」という機能が装備されています。燃費を優先するには、Si-Driveを「インテリジェントモード」に設定するのが良いと言われています。

さて、今やテレビCMなどでも注目を浴びているスバル「フォレスター」の燃費性能はどのようなものでしょうか。

自然吸気(NA)エンジンでは燃焼改善やフリクションロスの低減などが行われ、CVT車の燃費は15.2km/ℓから16.0km/ℓにアップされています。もちろんスバルの持つ走りの良さはおろそかにされていないのです。しかも車両重量が1480kgのSUVとしては十分な数値と言えるでしょう。では実際の走行ではどうでしょう。

フォレスターはオールラウンダーSUV

フォレスター 新型 カッコいい

 

平均燃費で10.8km/ℓ、おおよそ10km/ℓ後半~11km/ℓ前半に集中しているようです。ちなみに軽量で同等のエンジンを搭載するインプレッサは11.5km/ℓ程度になっています。走りに妥協のないオールラウンダーSUVのフォレスターには十分と言えるでしょう。また、直噴ターボエンジン“DIT”はカタログ上のJC08モードの燃費数値では13.2km/ℓとなっており、AWDで280馬力&35.7kgのトルクを発揮する高出力と燃費のバランスの良さは国内でも高く評価されています。実際燃費10km/ℓ~12km/ℓとなっていてターボ仕様で4WD車という点を考えれば大変な数値であると思います。

フォレスター 新型 魅力

オールマイティSUVであるフォレスターは燃費についても、乗る人のドライビングに寄り添った形で上から下までオールマイティな車になりました。どんな人の走りもしっかり受けとめてくれる懐に深さを持った、どんな道でも選ぶことの無いスペシャルなSUVがここに誕生したのです。

絶対的な信頼を築き上げたフォレスター

絶対的信頼  フォレスター

1995年東京モーターショーでコンセプトカー「ストリーガ」として誕生したフォレスターはスバル独自の水平対向BOXERエンジンやスバル得意のシンメトリカルAWD技術によって、本格SUVとして確固たる地位を築き上げてきました。フォレスター

圧倒的な走行性能と街乗りでも他車の追随を許さないスバルの車造りは日本国内や北米市場においても絶大な信頼性で大きな評価を得てきました。今回マイナーチェンジされたフォレスターは、一味も二味も違ったオールラウンダーなSUVに生まれ変わりました。

レガシィから受け継いだ直噴ターボエンジン“DIT”は280馬力という十分すぎるほどのポテンシャルを持ちながら、ターボ+4WDとは思えないほど良好な燃費性能を発揮する最上級のスポーティーマシンになりました。しかも、2015年グッドデザイン賞を受賞した「アイサイトVer.3」を搭載することで安全性能がさらにアップされ、日ごろから安全・安心な車を世に送り出すため研鑽を重ねてきたスバルの技術がこの車に詰め込まれているのです。

これから訪れる雪道や夏のビーチサイド、紅葉の燃え盛る峠道などあらゆるシーンでフォレスターは確かな足取りを踏み続けていくのです。安全志向のオールマイティSUVをお探しの方には、フォレスターは絶対のおすすめです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ