エクストレイルハイブリッドタイプのシートアレンジが魅力!

エクストレイルハイブリットは、SUV車としては破格の20km/Lと言う最大燃費を誇っており、同系統の車の中でもかなりの人気を獲得している車種です。

オプションで追加できる「自動ブレーキ」は、レーダーとカメラで障害物を検知し、適切な距離で停止してくれると言う、安全運転の精度をより高めてくれます。

エクストレイルハイブリットは低燃費と言う特徴以外にも、大容量のフレキシブルラゲッジになっているので、シートのアレンジ次第では使い方は無限に広がります。

フレキシブルラゲッジの良さとは?

フレキシブルラゲッジの良さとは? 

二列シートのガソリン車用のラゲッジは、クラストップレベルの*3の大容量550L(セカンドシート標準時*5)*6を実現しており、間切りを自由に行える防水ラゲッジボードを使用しています。ですので、使い勝手の良さも抜群で、乗せたい荷物の大きさに応じて、ラゲッジボードを動かすことで、サーフボードやスキューバの道具なども大きさや濡れを心配せずに乗せられますね。

三列シート車でも最大445L(サードシート折りたたみ時)*6の広さを確保してありますので、使い勝手もさらに抜群になるでしょう。

モード別の特徴

フルフラットモード

フルフラットモード

サーフボードなどを乗せるための積載モード。
ラゲッジボード下をアンダーボックスとして使用できる。

バーチカルモード

バーチカルモード

ラゲッジボードを縦にレイアウトすることにより、転がりやすい荷物を乗せた場合でもガードできるので安心。

三段収納モード

三段収納モード

汚れたレジャーグッズなどと、汚したくないバッグなどの貴重品を区分け出来るので、わざわざ別の空間に置かなくてもいい。

フルセパレートモード

フルセパレートモード

ラゲッジボード下を個別の空間として使えるので、汚れたウェットスーツなども隠せます。

フレキシブルラゲッジに付いては、上記の説明で理解できたかと思いますが、今回はそれ以上にシートのアレンジについてお伝えしたい。エクストレイルハイブリットのシートアレンジは、様々なケースに応じてフレキシブルに対応できるのが魅力になっています。 ラゲッジと同様に、モード別にシートアレンジを紹介していきます。

2列シート車 / 5人乗 ガソリン・ハイブリット

定員乗車モード

定員乗車モード 

エクストレイルハイブリットの定員である、五人全てが快適に移動できる用なアレンジ。

ラゲッジモード2

ラゲッジモード2 

ラゲッジルームを最大化するモード。どのアレンジよりも積載量は多い。

ラゲッジモード1

ラゲッジモード1 

セカンドシートを片側倒して、サーフボードの様な長く大きいものを積載できるモード。

3列シート車 / 7人乗 ガソリン車

定員乗車モード

定員乗車モード 

先ほどの定員よりも多い七人が同様に移動できるアレンジ。

ラゲッジモード2

ラゲッジモード2 

セカンドアームレストスルーのお陰で、四人乗車しながらサーフボードの様な長さと大きさのもを積載出来るアレンジ。

ラゲッジモード1

ラゲッジモード1 

三人乗車時でも、ゆとりある積載スペースを確保できるアレンジ。

ラゲッジモード3

ラゲッジモード3 

ラゲッジルームを最大化し、サードシートをコンパクトに収納出来る二列シート車並みの積載量を持っています。

これだけのシートアレンジが可能なのも、大容量のフレキシブルラゲッジのあるお陰ですね。使いどころとしては、海へのレジャーですとか水に接する場面の多い方でしょう。お子さんがスイミングスクールになよっている場合にも、濡れている水泳道具を躊躇なく置けるので便利ですよね。

まとめ

エクストレイル まとめ

お寿司屋さんが使うかどうかは分かりませんが、新鮮な魚などを運ぶ時も水はねが気にならなくていいような気もします。特に水に接しないという方にも、多くの荷物が積める点と低燃費な部分はオススメですので、購入する時の選択肢に入れてみたは如何でしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ