ジムニー新型が遂に2017年に登場か!?

最近よく聞く様になった新型ジムニーが2017年に出ると言う話ですが、昔から人気があるだけにジムニーファンの方々はかなり喜んだのではないでしょうか?

ジムニーを今すぐ理解しよう

スズキが1970年から発売している軽自動車のオフロード四輪駆動者(4WD)で、初代から数えて現在で三代目まで発売されています。軽自動車と言うイメージがあるかも知れませんが、普通自動車登録もされている「ジムニーシエラ」や「ジムニーワイド」も存在しています。

そもそも、ジムニーは1998年を最後にフルモデルチェンジがされてからマイナーチェンジはあったのだが、それ以降は大幅なモデルチェンジも行われていません。ですので、新型ジムニーにファンが喜んでいるという事ですね。

ジムニーの基本性能は?

新型ジムニー 2017

  1. 「全長3,395mm 全幅1,475mm 全高1,680mm」
  2. 「5速マニュアルと4速オートマチックのトランスミッション」
  3. 「最高出力47kW 最大トルク103Nmの高性能DOHCインタークーラーターボエンジン」を搭載。

ライブアクション4×4なので、走行中に2WDから4WDへの切り替えも可能。とにかく力強いのも特徴ですね。

オフロードに強い!!

ジムニー オフロード 強い

力強く粘り強いジムニーは、オフロードでかなりの実力を発揮してくれます。去年の冬にジムニーが大型トラックを運転している動画が話題になりましたが、まだ動画サイトを探せばあると思うので、是非ご覧になってその実力を目に焼き付けてください。

新型ジムニーと現行モデルとの比較

新型ジムニーが2017年に発売されるという情報は出ましたが、まだまだ詳細なスペックや価格帯も分かっていないので、いろいろと妄想するしか無いわけなんですよね。

ジュネーブモーターショーで出展された「iMー4」が新型ジムニーのデザインではないかという話もあるのですが、確定情報ではないので鵜呑みにはしない様にしましょう。かなり長い間フルモデルチェンジは無かったジムニーだけに、今までのジムニーの雰囲気も残しつつ、未来感のあるデザインや、かつてない高性能なスペックになってくれると期待しています。

そこで、どのようなスペックになるのかを、現行モデルと比較して予想してみましょう。

ジムニー現行モデルのスペック

大きさと重量

「全長:3,395mm全幅:1,475mm,全高:1,680mm,車両重量:980kg,乗車定員4名」

燃費性能

乗車定員4名。「燃費は5速マニュアル 14.8km/L」 「4速オートマチック 13.6km/L」

排気量

「エンジン⇒水冷サイクル直列3気筒インタークーラーターボ 排気量は0.658L」

燃費に関しては物足りないか?

ジムニー 新型 燃費

現行モデルの性能を見てみますと、最近の流行りである低燃費という面に関しては、まだまだ足りない面もあり気がします。大幅なフルモデルチェンジとなりそうなジムニーなので、現状のパワーもさらに上昇させ、燃費性能もさらに上げてくれると期待しています。

ジムニーファンの方々の予想だと、新型のジムニーはソフト路線になることはないそうで、新しいアシストシステムが付加されても、ジムニーの機能は出来る限りは残すとの予想らしいです。そして、新型のデザインらしきものを見た感じだと、「もしかしたら海外向けなのか?」との予想もされていますね。

新型ジムニー海外向けなのか?

動画でも凹凸のある道を走っている映像がありましたし、日本の道路は結構整備されがちですからね。まだまだ開発の進んでいない地区の多い海外の方が、活躍の場面は大きいのかも知れません。しかし、日本にもたくさんジムニーファンはいるので、海外向けであったとしても、日本でも多く販売されて欲しいものですね。

価格帯は分かりませんが、そこまで高価な車種にはならないでしょう。来年からお金を貯め始めて、予約が始まったら即予約するのがいいかも知れませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ