三菱 パジェロミニカスタマイズを楽しもう三菱 パジェロミニのタイヤサイズを詳しくご説明します!!!

三菱 パジェロミニカスタマイズを楽しもう!!

パジェロミニ カスタマイズ

三菱パジェロミニは、1998年から2013年まで販売され、街乗り(シティユース)からアウトドアまで広範囲で使い勝手の良い人気車種です。三菱自動車のベストセラーカー“パジェロ”の技術を最大限に凝縮し、直列4気筒20バルブエンジンを搭載し、モノコックボディにラダーフレームのような部材を溶接することで、強力な動力と強靭なボディを持った軽SUVとして、若い女性から壮年男性まで幅広い層のドライバーから支持されたクルマでした。

残念ながらもう生産されていませんが、中古市場では今でも人気車種の一つとなっています。

パジェロミニのスペック詳細

ボディタイプ      3ドアSUV乗車定員        4人

エンジン  4A30型 659CC 直列4気筒SOHC16バルブ

4A30TwinT型659CC 直列4気筒DOHC20バルブICツインスクロールターボ

4A30T型659CC 直列4気筒DOHC16バルブICターボ

最高出力  4A30型 52PS/6500RPM 6.3kg・m/4500

最大トルク RPM

4A30TwinT型 64PS/7000RPM 10.2kg・m/3000RPM

4A30T型 64PS/6000RPM 9.0kg・m/4000RPM

変速機         4AT/5MT

駆動方式        FR/イージーセレクト4WD

サスペンション     F マクファーソンストラット式コイルスプリング

R 5リンク式コイルスプリング

全長×全幅×全高    3395mm×1475mm×1635mm

ホイールベース     2280mm

車両重量        850kg~990kg

パジェロミニには標準装備タイヤとして175/80R15が装備されています。

タイヤの外径を変えず扁平率を下げリム径を大きくすることをインチアップと言います。正しいインチアップは、走行性能の向上やルックスをよく見せることが出来るというメリットがありますが、その反面、既定のサイズから変更するにはいくつかの注意をしなければならない点があります。

インチアップのメリット

*運動性能がアップします。*中高速域の操縦安定性が向上します。

*タイヤのグリップ性能がアップします。

*ブレーキの力を路面に効果的に伝えます。

*コーナーリングの性能がアップします。

*タイヤの変形が少なくなり安定します。

*スタイリッシュさがアップします。

*シャープな印象となり格好よさが向上します。

インチアップのデメリット

*乗り心地が悪くなる場合があります。それはタイヤの扁平率が下がると路面からの衝撃が伝わりやすくなるため乗り心地がハードになるためです。

*走行音が少し大きくなります。

*転がり抵抗が大きくなり燃費が変化する場合があります。

このメリット・デメリットをよく理解したうえで、インチアップなどのサイズ変更を行うとよいでしょう。基本的には、車体への接触やスピードメーターの表示が変化することがあるためタイヤの外径は同じにすることや、安全面や車検に合格するため、タイヤ幅は車体の接触やはみ出しが無いようにすること、タイヤインデックス(タイヤが支えられる重さ・負荷能力)が標準タイヤの負荷能力を下回らないようにすることが必要となりますので十分注意してください。販売店の方に必ず相談するようにしてください。

それでは標準装備タイヤからサイズ変更をする場合にはどのようなタイヤが良いでしょうか?

ケース1 175/80R15からインチダウンして14インチにする時の無難な推奨タイヤサイズは、165/90R14、175/85R14、195/75R14、205/70R14あたりになります。

ケース2 ホイールサイズはそのまま幅や扁平率を変更する時は、155/85R15、165/80R15、165/85R15、175/75R15、185/75R15、195/70R15、205/65R15あたりが良いでしょう。

ケース3 ホイールサイズを1インチアップして16インチにする場合は、155/80R16、165/75R16、175/70R16、185/65R16、195/65R16あたりになります。

ケース4 175/80R15から2インチアップの17インチの時の無難なタイヤサイズは155/70R17、165/65R17、175/60R17、175/65R17、185/60R17あたりです。

ケース5 3インチアップさせて18インチにする時は、155/60R18、155/65R18、165/60R18、175/65R18、185/55R18あたりになります。

いずれのケースでも、安全で快適なカーライフを楽しむためにも、サイズ変更する場合のメリット・デメリットをよく検討し、タイヤの車体への接触やはみ出しが無いように、またタイヤインデックスの数値などよく吟味する必要があります。タイヤの販売店の方とよく相談の上決めることが肝心かとお思います。さらに、ご自分のクルマの主な使い方、たとえば街乗りやアウトドア、高速道路を頻繁に使うかなども十分加味したうえで行うようにしましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ