トヨタハイラックスサーフに乗るならカスタムしよう!

トヨタ ハイラックスサーフ(Hilux Surf)は、トヨタ自動車のおおがたSUVで、設計は日野自動車主導で、開発と生産は日野自動車とトヨタ共同で行われていました。北米などへ「4Runner(フォーランナー)」という名前で輸出されています。日本国内では、2009年8月まで販売されていました。

hilux008

トヨタハイラックスサーフ今昔物語

トヨタは、コンパクトピックアップトラックのハイラックスをベースにFRP製シェルを架装しミニRV(キャンピングカー)を生産販売していた「ウイネベーゴ・トレッカー」へ、ハイラックスのシャーシを提供していたのが始まりといわれています。

hilux002

初代 N60系(1983年~1989年)

ウイネベーゴ・トレッカーを吸収し、車名を「4Runner(フォーランナー)」と変更し米国にて販売を開始しました。ボディ下半分をスチール製としましたが、FRP製リムーバブルトップは継続されリアには転倒時のためロールバーも追加されました。
1994年日本国内で販売開始されました。設定されたエンジンは、直列4気筒2Lガソリンエンジンと直列4気筒2.4Lディーゼルエンジンの2種類となっています。当初はライトバン扱いの4ナンバーで、マイナーチェンジを行いワゴンが追加され、5ナンバー登録が行われました。

img_20cac7ac3e1

2代目 N130系(1989年~1995年)

1989年フルモデルチェンジを行い、従来からの2ドアに加え4ドアボディがラインアップされました。米国での「4ランナー」はFR・2WDが新たに設定さていますが、日本国内のハイラックサーフは4WDのみとなっていました。2.0Lガソリンエンジン(97馬力)と2.0Lディーゼルターボエンジン(94馬力),2.8Lディーゼルエンジン(91馬力)が設定されていましたが、1990年マイナーチェンジの時、V型6気筒3.0Lガソリンエンジンが追加され、初めて3ナンバーが登場しました。

3代目 N180系(1995年~2002年)

パーキングブレーキがステッキ式(ダッシュボード下)からサイド式(前席間フロア)に変更され、2.7Lガソリンエンジン+4ATの組み合わせで、日本国内向けモデル初のFR車「スポーツランナー」が誕生、大型フェンダーと265/70R16タイヤを装備したFR車でした。

4代目 N210系(2002年~2009年)

この代からメカニズムの多くをランドクルーザープラドと共用するようになり、パーキングブレーキが足踏み式になりました。また、リアブレーキがドラム式からベンチレーテッドディスクに変更となりました。エンジンは2.7L直列4気筒ガソリンエンジンと3.0LV型6気筒直噴ディーゼルターボとなり、MTが廃止されました。その後のマイナーチェンジでディーゼルモデルが廃止され、V64.0Lガソリンエンジンが5ATと合わせて追加設定されました。北米仕様の「4ランナー」には、V84.7Lエンジンやオプションで2人掛けサードシート(7人乗り)の設定がありました。2009年モデルチェンジを控えたランドクルーザープラドに吸収されハイラックスは41年(サーフとしては26年)の歴史に幕が閉じられました。

5代目 N280系(2009年~)

2009年モデルチェンジを行いましたが、日本市場からは離脱し海外専売車「4ランナー」となり、日本市場からハイラックスという車名が完全に消滅しました。V84.6Lエンジンが廃止され4.0Lのみとなりました。

hilux001 crsm0000000000

カスタムとは

カスタム(Custom)とは、メーカーによって生産された商品を自分の趣味に応じて何らかの改造(カスタマイズ)する行為や改造された物品のことを言います。対義語として改造されていない購入時の使用のままの物品は「ノーマル」といいます。

hilux006
こうした改造に用いられる部品は他機種の純正品から流用する場合や、純正部品を加工または単品製作(ワンオフ)する場合のほか、市販されている改造用のパーツを使用する場合があります。市販されている改造用パーツは特に「カスタムパーツ」と呼ばれています。こうした改造を行う個人製作者や専業者はカスタマイザー(Customizer)と呼ばれ、既製品の状態で販売される商品を納期前段階から特別な仕様となるように注文する場合には「カスタムメイド」と呼ばれ、仕様の注文が前提の「オーダーメイド」とは若干ニュアンスが変わってきます。
hilux005
エンジン、足回りなど性能に関する改造は特に「チューニング」と呼ばれ、有名メーカーのステッカーをはるだけの手軽な外観のカスタムから、エンジン内部やサスペンションの構造まで改造する本格的なチューニングまでその幅は非常に広くなっています。また、車内環境の充実を目的にした後付けのカーオーディオやカーナビゲーションの電装系の追加・変更、ドレスアップを目的として内装・外装に手を加えることもその範疇となります。
このような既製車両をカスタムしたものは、改造車またはカスタムカーと呼ばれ、東京オートサロンや大阪オートメッセなどのカスタムカー・カスタムバイクの見本市・イベントがたくさん開催されています。カスタム車両と違法改造車両とは区別されつつありますが違法改造した車両はまだまだ多く存在していることも事実です。また、カスタムの参考となるような雑誌・書籍も多数刊行されています。

hilux007

自分だけのあるいは世界に1台だけの自動車に乗りたい所有したいというオーナーは、いろいろな所で開催されるカスタムカーの見本市・イベントなどに出かけ、雑誌などを参考にしながら自分なりの個性を追求しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ