ポルシェ カイエンGTSの価格や試乗情報

カイエン(Cayenne)は、2002年ポルシェ初のクロスオーバーSUVで5ドア車としてデビューしました。

pgts005

ポルシェ・カイエンあれこれ

カイエン(Cayenne)は、2002年ポルシェ初のクロスオーバーSUVで5ドア車としてデビューしました。

pgts004
ただし、ポルシェはあくまで「新しい形のスポーツカー」という位置づけで、クロスオーバーSUVとは表現していません。クロスオーバーSUVの分野への参入を考えていたポルシェと、レンジローバーに代表される高級SUV分野へ本格参入したかったフォルクスワーゲンの思惑が合致し、両社で開発費用を分担し共同開発された戦略モデルとなっています。

pgts003
フォルクスワーゲン・トゥアレグとは共通のプラットフォームを持ちベースとなるシャシー(車台)こそ同じであるが、クラスの違いからエンジン、足回り、車体の高剛性化、外装、内装等、車を構成する多くの部分で両社は大きく異なっています。十分なオフロード走破性を確保しながら、ポルシェらしいスポーティなハンドリング、走行性能、外観を持った車となっています。

955型(2002年~2006年)

カイエンS ポルシェ伝統のV型8気筒4510CC縦置きエンジンを搭載した上位モデルで、340PSという高出力で、カイエンのために新たに開発された新型エンジンとなっています。
カイエンターボ カイエンSのV8エンジンにターボチャージャーを付加し450PSというさらにハイパワーを誇る最上位モデルで、この大パワーを実現するため大きな空気取り入れ口や大型グリルを採用し、より迫力のある外観になりました。
カイエン 狭角V型6気筒3189CCエンジンを縦置きに配置したベーシックモデルで、最高出力は250PSとなっており、開発はフォルクスワーゲンによって行われました。

957型(2006年~2010年)マイナーチェンジ

カイエン 排気量を3598CCに拡大し出力を290PSに向上させました。
カイエンS・カイエンターボ 排気量が4806CCに拡大され385PS及び500PSとなりました。
ほかにGTS、ターボS、カイエンS・トランスシベリアといったバリエーション豊かな車種がラインナップされました。

958型(2010年~)

2010年ジュネーブショーにて登場しました。デザインの基本的なコンセプトは維持されていますが、全長が48ミリ延長され、素材や部品の見直しなどにより減量を行っています。アイドリングストップ機構やエネルギー回生システムの採用で燃費性能や環境性能の向上が図られています。すべてのモデルにアクティブ4WDシステムが搭載され、カイエン以外の全車に8速ティプトロニックSを採用されています。日本では「カイエン」「カイエンS」「カイエンターボ」の3モデルが予約を開始しています。

ラインナップ

  • カイエン
  • カイエンS
  • カイエンSターボ
  • カイエン・ディーゼル 日本にはほとんど正規輸入はされません。
  • カイエンS・ハイブリッド ポルシェ初のハイブリッド車として発表されました。2996ccスーパーチャージャー付エンジンにモーターを組み合せたパラレル式ハイブリッドシステムが採用されています。

WS000001

車両本体価格

  • カイエン:           8,590,909円
  • カイエンS:           11,400,000円
  • カイエンSE-ハイブリッド:  11,670,000円
  • カイエンGTS:        13,892,727円
  • カイエンターボ:       17,380,000円
  • カイエンターボS:      22,350,000円

*車両本体価格はメーカー希望小売価格です。販売価格は各販売店が独自に定めていますので、詳しくはポルシェ正規販売店にお尋ねください。

「新型カイエン」その走りは

ポルシェが満を持して送り出してきたSUV(新しい形のスポーツカー)新型「カイエン」は、どのような走りを見せているのでしょうか。

pgts001

カイエンGTSは従来の4.8L V型8気筒自然吸気エンジンから、3.6L V型6気筒ターボエンジンに変更され、最高出力は440psとなっています。
走り出すとアクセル操作への応答の良さとフットワークの素晴らしさに驚かせられます。特に冬の一般道のように所々に雪がへばりついたり、氷の下の舗装面が顔を出したりと、とても走りやすい状況ではないのですが、全く動ずることの無い走りには息をのむほどであり、その安定性に周りがつつまれているような安心感を得ることができました。

pgts002
驚くほどのハイパワーながらその走行安定性に「本当にいいクルマだな」しみじみ思わされるほどでした。
そもそも自慢の走りを、さらに磨き上げたカイエンGTSは紛れもなくアスリートだと感じさせるものがあります。
単に速いだけでなく、高い安心感を土台に、運転する者の意のままになるコントロール性能の良さは、まさにスポーツできるSUVに仕上げられています。
これだけの速さを持ちながらも普段使いには何の苦労もいらない、むしろ便利に使うことができて、望むならそのままゲレンデに駆けつけることを可能にするクルマは他に見当たりません。

ポルシェカイエンは数あるSUVの中でも屈指のSUVです。まもなく日本国内でも発売開始となる新型カイエンには、また新しい選択肢が増えたことに悩まされてしまいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ