パジェロミニ カスタムのパーツを紹介します!

三菱自動車工業の代表車とも言える「パジェロ」ですが、その技術を最大限に凝縮した軽自動車と言うのが、「パジェロミニ」と言う軽自動車のSUV車です。

「パジェロミニ

1994年の発売され、現在に至るまで50万台に迫る大ヒットを記録しています。一度は生産の中止されたパジェロミニですが、2017年に新型パジェロミニを出すそうで、今から新しい情報がいつ出るのか楽しみですね。近年のパジェロミニは、エコカー減税非対応という事で、人気もぐーんと落ち込んだために生産中止となった訳なので。新型パジェロミニは低燃費を意識した車になると言われていますね。

新型パジェロの話題が熱い中、「でも自分は今のパジェロミニがいい」という方もいるかと思います。しかし、新型が出たら性能面では負けてしまうので、どういう風に新型にはない良さを出すか?と言うのは悩ましいところです。そこで個性を出す上で最もやるべきことは、「カスタムパーツを付ける」と言う事ではないでしょうか?

外観のオススメカスタムパーツ

パジェロミニの良さというのは、小型でありながら4WDと言うパワフルさがあるという所です。ですので、小型ならでのは可愛らしさを出すというよりは、パワフルさをどれだけ表現できるか?と言うところがポイントになる訳ですね。四駆であると言う利点を活かすのならば、「リフトアップ」がオススメです。リフトアップキットを使用するのですが、それによって車高を上げることで、ワイルド感とパワフルさを引き上げると言うカスタムです。

最も手軽に出来るカスタムと言えば、「アルミホイールとタイヤ」でしょう。現行のものよりも大口径のアルミホイールとタイヤを装着する事により、スタイリッシュさも演出できますね。一番変化をわかりやすくしたいのならば、いっそのことボディペイントをしてしまうのがいいでしょうね。蛍光色にして目立ってもいいですし、更に黒くしてワイルドさアップさせてもいいでしょう。

 

内装のオススメカスタムパーツ

内装のカスタムに一番求めるものと言えば、一に快適性で2にデザイン性でしょう。

車は快適に過ごせない空間だと、それだけで運転が楽しくなくなりますし、余分な疲れを感じてしまいますしね。車内がカラフル過ぎても落ち着かないし、無機質過ぎても落ち着きませんよね?

内装のオススメカスタムパーツ

そこで、カスタムするならば、インテリアパネルやカーナビ周りの一部をカスタムした方が、安定して快適になれる内装を作れます。まずはインテリアパネルからですがパネル系統のカスタムは自分の好きな色を塗ってもらうのがいいでしょうね。

例えば、外装の色が黒だとしても別に赤や青を選んでも言い訳です。外からそんなに中を覗き込む人もいませんし中は中、外は外と言う考えでいいでしょう。

カーナビ周りは、気に入った形のものでもいいですし、最新型のものをチョイスしてもいいです。

内装 デザイン

おしゃれは細かい所に現れるという言葉もある通り、マットの色も拘ってもいいですね。白黒チェックでもいいですし、色とりどりのものでもいいですね。

カスタムの価格はどこまで拘るかで変わるカスタムの価格はどれほど拘るかで変わってきますが、パジェロミニですと他の普通車程は価格は安く済むと考えるべきですね。

例えば内装カスタムですと
「インテリアパネルカーナビ周りマット・ブレーキカバー」等で、一万円~と二桁もいかないぐらいでカスタムが可能です。

外装の場合ですと、タイヤやアルミホイールだけならばそこまで費用は抑えられますが、エアロパーツなどで大きく変える場合だと、二桁万円は軽く行ってしまうので、余程お金があるときだけにしておきましょう。

カスタムすらならば、外装よりも内装を先にしておくと、すぐに変化が楽しめるのでいいですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ