トヨタ ハイラックスサーフ 130の評判

本格的ミッドクラスのRVとして誕生した「ハイラックスサーフ」の2代目となるのがN130系です。ハイラックスピックアップトラックをベースにしながらも独自に進化が繰り返され、エンジンバリエーションを増やし、機能や装備を充実させながら、国産ミッドクラス4WDRVの中心的なモデルとして成長していきました。

4WDRVの先駆者

トヨタのコンパクトピックアップトラック「ハイラックス」が4WDとなったのは1979年ころでした。その当時から、ピックアップの荷台にFRP製のキャンピングシェルを載せるスタイルは、アメリカ西海岸で流行しており、「ハイラックス」のシャーシを提供したウィネベーゴ・トレッカーの製造販売にかかわっていたトヨタは、1983年、初代ハイレックス・サーフN60系の本格製造販売に着手しました。荷台部分にはまだFRP製が使われていましたが、アメリカ西海岸風のおしゃれなルックスが、若い世代を中心に高く評価されていました。

1601032

1989年2代目N130系ハイラックスにモデルチェンジを行い、それまでのFRP製トップを廃止し、オーソドックスなワンピースボディへと転換されました。独創性のある外観ではなくなりましたが、4ドアモデルがラインナップされたことで、ファミリー層からも支持されるようになり、これらの四輪駆動車やワンボックスワゴンにレクレーショナルビークル(RV)という言葉が定着するようになりました。

当初のRVは、乗用車とは機構が異なる箇所が多く、一般的とは言い難い部分が多かったのですが、次第にATの追加やサスペンションの進化が図られ、また質素だった装備の面でも充実してきたことにより、乗用車からの乗り換えにもさほど不便さや違和感のないものとなってきました。

そのころはバブル真っ盛りのころで、スキーブームの盛り上がりとともに、これらのRVの人気も盛り上がり、金曜日の夜になるとまだ4車線だった関越自動車道は、ゲレンデに向かう車で大渋滞といったニュース報道なども流されていたくらいでした。

ハイラックスサーフ130はこんなクルマです

ハイラックスサーフの2代目として130系が登場したのは1989年でした。初代のエクステリアを特徴づけていたFRPトップは廃止され、オーソドックスなワンピースボディへと変更されました。それまでトラックキャビンと荷台を隔壁で隔てた構造でしたが、その隔壁を取り払ってワゴン的な構造となったのが初代サーフでした。4ドアモデルも後ほど追加され、幅広い層からの支持を得ることになったのでした。

1601033

エンジンは当初、5ナンバーのワゴンモデル用に2Lガソリンエンジンと2.4Lディーゼルターボ、4ナンバーのバン用に2.8Lディーゼルエンジンが用意されていましたが、車重の重いオフロード4WDと、トルクの小さい2.0Lガソリンエンジンとは相性が悪く、乗用車として使い勝手が悪いバンモデルは使い勝手が良くないため、2.4Lディーゼルターボエンジンモデルに人気が集中していました。

やがてガソリンエンジンはV型6気筒エンジンに変わり、ガソリンエンジン車にも注目が集まるようになりました。2.4Lディーゼルターボ車は電子制御燃料噴射装置が採用されATも設定されるなどラインナップが強化されました。1601038

1991年にはオーバーフェンダーを装着したワイドボディモデルが登場しました。このワイドボディ仕様には、スウィング式のキャリアのスペアタイヤが装着されました。また、レカロシートなどの贅沢な装備を施した上級グレード「SSR-G」が設定され、時代のトレンドをつかんでしだいに高級SUVという面が強くなってきました。その後のマイナーチェンジでは、バンモデルや2ドア仕様が廃止され、3.0Lディーゼルターボ車が登場しました。

デビュー当初は、若者向けの荒削りな面も魅力の一つでしたが、しだいにミッドクラス4WDとしての完成度が高まり、幅広い層に支持されるクルマになりました。

1601036

その後のハイラックサーフ

1995年には3度目のモデルチェンジが行われ180系が誕生しました。やがて、ハリアーのデビューにより、ハイラックサーフはトヨタ店での専売の扱いとなりました。

2.7Lガソリンエンジン+4ATのみの組み合わせで、日本国内向けモデル初のFR車「スポーツランナー」が登場し、4WD車にはナローボディが廃止され、全車ワイドボディとなりました。

2000年のマイナーチェンジでは、MTモデルが廃止され、FR車に大型フェンダーと265/R16タイヤを装着し、4WD車同様の外観とした「2.7 SSR-V」が追加されました。

1601034

2002年ハイラックスサーフ4代目210系が登場しました。この代からメカニズムの多くをランドクルーザープラドと共用するようになりました。3.0L直列4気筒直噴ディーゼルターボが設定され、V型6気筒3.4Lガソリンエンジンは4.0Lに変更され、5速ATもセットで設定されました。

2009年、モデルチェンジを控えたランドクルーザープラドに吸収され、ハイラックスは41年(サーフとしては26年)の歴史に幕が引かれました。日本市場から離脱し海外専売車(4Runner)となりましが、ハイラックサーフの特徴である、スクウェアなボディをはじめそのDNAは間違いなく引き継がれています。

1601035

http://response.jp/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ